子供の病気による嘔吐

子供の病気を教えてくれるサインは沢山あり、その中でも、嘔吐によって発見される病気もあります。


・風邪の引き始め
・ロタウィルス、ノロウィルスなどのウィルスによって嘔吐下痢症になるもの。
・自家中毒による血糖値の低下によるもの。
・髄膜炎
・便秘が続くことによって引き起こすもの。

など、様々な場合があります。


子供の病気は年令が低ければ低いほど自分でどこが痛い、だるい、熱っぽいなどの表現ができず、嘔吐によって病気がわかることが多々あります。

子供が病気になったというサインかもしれない嘔吐があった場合、他に症状が出ていないか熱を計ったり、痛がっているところがないかよく観察すると良いでしょう。
続きを読む

赤ちゃんから子供までの病気百科

本屋さんに行くと、沢山の育児に関する本が並べられています。

赤ちゃんが生まれる頃には、ぜひ赤ちゃんから子供までの病気百科本を用意しておきましょう。


大人の病気にはない、赤ちゃんがなりやすい病気、子供(幼児、学童児)がなりやすい病気が沢山存在します。

そのため、赤ちゃんから子供までの病気を専門に詳しく載せている百科本があると育児している側にとっても安心するでしょう。


病気百科には、カラーページで症状を述べている物もあります。

赤ちゃんでは、便の色で病気がわかることもあるので、便の色を載せて解説してあるものもあります。


また、集団生活に入る幼児期からは伝染病にかかりやすくなります。

伝染病の中には、発疹が出る物もあり、蕁麻疹やアトピーなどの皮膚病とともに写真で解説している百科本もあります。
続きを読む

子供が病気になったときの症状

いざ子供が病気になったときに、症状を把握していると病院行くまでの間にも安心できますよね。

ここでは、子供が病気になったときの症状を書いていきたいと思います。

・緊急性を生じる症状。
ぐったりして意識が朦朧としている。
強い頭痛と強い吐き気。
今までにない強い腹部等の痛み。

子供がこのような症状を訴えた時には、かかりつけの小児科医にすぐに行きましょう。

強い頭痛と強い吐き気は髄膜炎等の病気が隠れている場合もあります。

また、腹部の病気では腸などの異常が起きていることもあります。
続きを読む

子供の目の病気

子供の目の病気を発見するのには普段からよく子供を見ていないと目の病気とわかるまでに時間がかかります。

先天性の目の病気では斜視、弱視、遠視というものがありますが、たいてい子供が3,4才に成長した頃に保護者は目の病気じゃないかと思い始めることが多いです。


これは子供が成長してくることによって様々な物を見るようになり、テレビや絵本などで目を使うときに目が寄っているというところから気付くのです。

ただ、この年令の子供の目というのは、まだ視力が出来上がっていないこともあるため病気なのか病気じゃないのかは経過観察していくことも多いものです。

だからといって放置することなく、一度専門医に診てもらいましょう。

子供の弱視などの目の病気は早期発見で眼鏡で矯正すると良くなっていくこともあるのです。
続きを読む

子どもの病気

子どもの病気というものは、生まれつき持っている先天性の病気や、成長していく過程で出てくる後天性の病気、また流行している風邪などのものや伝染病など沢山の病気があります。

そして、大人の病気と違い、子どもの病気は病気になっている子ども本人が、どこが痛いのかなどを上手に説明できないところもあるので、普段から世話をしている大人がいつもとどのように子どもの状態が違うのかを見ていかなければなりません。


子どもの年令によってもその対応は変わってきます。

生まれたての赤ちゃん→少ししゃべることができるようになった幼児→集団生活をするようになり、流行の病気をもらう年代→心の悩みも抱える思春期その子どもの年令によって、なりやすい病気というものもあるのです。


子どもの病気は比較的軽い症状からまた実は重大な病気が隠れているという場合もあります。

子どもの元気な状態も普段から把握しておきましょう。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。