子どもの病気

子どもの病気というものは、生まれつき持っている先天性の病気や、成長していく過程で出てくる後天性の病気、また流行している風邪などのものや伝染病など沢山の病気があります。

そして、大人の病気と違い、子どもの病気は病気になっている子ども本人が、どこが痛いのかなどを上手に説明できないところもあるので、普段から世話をしている大人がいつもとどのように子どもの状態が違うのかを見ていかなければなりません。


子どもの年令によってもその対応は変わってきます。

生まれたての赤ちゃん→少ししゃべることができるようになった幼児→集団生活をするようになり、流行の病気をもらう年代→心の悩みも抱える思春期その子どもの年令によって、なりやすい病気というものもあるのです。


子どもの病気は比較的軽い症状からまた実は重大な病気が隠れているという場合もあります。

子どもの元気な状態も普段から把握しておきましょう。
子どもが病気になったときには小児科などの専門医がどんな病気になっているのか検査などを行います。

その場合、子どもの様子をいつも見ている保護者からいつもとどう違うのかを聞き、それを基に検査すると行っても過言ではありません。

いつもの体温とどのぐらい違うのか?
いつもの便と違うのか?
いつもと食欲が違うのか?
いつもより元気がないか?
突然発疹が出てきた。

など、普段から接していると子どもの様子がわかると思います。


このような子どもの様子で病気を早期発見することができるでしょう。

成長していく過程で子どもの病気は切っても切れないものです。

少しでも子どもの病気とうまく付き合っていきたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。