赤ちゃんから子供までの病気百科

本屋さんに行くと、沢山の育児に関する本が並べられています。

赤ちゃんが生まれる頃には、ぜひ赤ちゃんから子供までの病気百科本を用意しておきましょう。


大人の病気にはない、赤ちゃんがなりやすい病気、子供(幼児、学童児)がなりやすい病気が沢山存在します。

そのため、赤ちゃんから子供までの病気を専門に詳しく載せている百科本があると育児している側にとっても安心するでしょう。


病気百科には、カラーページで症状を述べている物もあります。

赤ちゃんでは、便の色で病気がわかることもあるので、便の色を載せて解説してあるものもあります。


また、集団生活に入る幼児期からは伝染病にかかりやすくなります。

伝染病の中には、発疹が出る物もあり、蕁麻疹やアトピーなどの皮膚病とともに写真で解説している百科本もあります。
また、この赤ちゃんから子供までの病気百科本には対処方法も詳しく載っています。

・子供が鼻血を出した場合
・頭を強く打った場合
・けいれんを起こした場合
・誤飲したものの種類によって変わる対処法
・やけどをした場合の処置法


そして赤ちゃんから子供は怪我などの事故が起こりやすいのです。

そこで百科本では

・どのようなところで事故が起きやすいのか
・家の中ではどのように注意したらよいのか

図解で載せている本もあります。

それらの本は、何冊も必要ありませんが、1冊詳しく書かれている本を用意しておくと育児する側も少し安心しますし、心強い物となるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

口から入るよりも怖い経皮毒って?
Excerpt: 口から入り込む農薬や食品添加物を気にする人は多い。人体に有害な化学物質が使われ
Weblog: 健康生活               Natural SEEDS   
Tracked: 2007-12-14 00:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。