子供の病気による嘔吐

子供の病気を教えてくれるサインは沢山あり、その中でも、嘔吐によって発見される病気もあります。


・風邪の引き始め
・ロタウィルス、ノロウィルスなどのウィルスによって嘔吐下痢症になるもの。
・自家中毒による血糖値の低下によるもの。
・髄膜炎
・便秘が続くことによって引き起こすもの。

など、様々な場合があります。


子供の病気は年令が低ければ低いほど自分でどこが痛い、だるい、熱っぽいなどの表現ができず、嘔吐によって病気がわかることが多々あります。

子供が病気になったというサインかもしれない嘔吐があった場合、他に症状が出ていないか熱を計ったり、痛がっているところがないかよく観察すると良いでしょう。
また、嘔吐している場合に、無理に食べ物や飲み物を与えるとまた嘔吐を繰り返すかもしれません。

最初はイオン水をちょっとずつ与えて、徐々におかゆなどの食べ物を与えていくと良いでしょう。

嘔吐がひどい場合には、脱水症状を起こしかねないので、病院で点滴を受けることもあると思います。


また、子供が病気による嘔吐をしたときに、嘔吐物をきれいに取ります。

その際には、どんなウィルスによる嘔吐かわかりません。

洋服など洗う際には、熱湯消毒などをし、家族に移らないための予防にも努めましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66556884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ロングフライト症候群
Excerpt: エコノミ−クラス症候群は飛行機でのロングフライトの際、よく見られる症状です。同じ
Weblog: 健康生活               Natural SEEDS   
Tracked: 2007-12-13 00:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。