子供の病気部位カテゴリの記事一覧

子供の目の病気

子供の目の病気を発見するのには普段からよく子供を見ていないと目の病気とわかるまでに時間がかかります。

先天性の目の病気では斜視、弱視、遠視というものがありますが、たいてい子供が3,4才に成長した頃に保護者は目の病気じゃないかと思い始めることが多いです。


これは子供が成長してくることによって様々な物を見るようになり、テレビや絵本などで目を使うときに目が寄っているというところから気付くのです。

ただ、この年令の子供の目というのは、まだ視力が出来上がっていないこともあるため病気なのか病気じゃないのかは経過観察していくことも多いものです。

だからといって放置することなく、一度専門医に診てもらいましょう。

子供の弱視などの目の病気は早期発見で眼鏡で矯正すると良くなっていくこともあるのです。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。