子供の病気症状カテゴリの記事一覧

子供の病気による嘔吐

子供の病気を教えてくれるサインは沢山あり、その中でも、嘔吐によって発見される病気もあります。


・風邪の引き始め
・ロタウィルス、ノロウィルスなどのウィルスによって嘔吐下痢症になるもの。
・自家中毒による血糖値の低下によるもの。
・髄膜炎
・便秘が続くことによって引き起こすもの。

など、様々な場合があります。


子供の病気は年令が低ければ低いほど自分でどこが痛い、だるい、熱っぽいなどの表現ができず、嘔吐によって病気がわかることが多々あります。

子供が病気になったというサインかもしれない嘔吐があった場合、他に症状が出ていないか熱を計ったり、痛がっているところがないかよく観察すると良いでしょう。
続きを読む

子供が病気になったときの症状

いざ子供が病気になったときに、症状を把握していると病院行くまでの間にも安心できますよね。

ここでは、子供が病気になったときの症状を書いていきたいと思います。

・緊急性を生じる症状。
ぐったりして意識が朦朧としている。
強い頭痛と強い吐き気。
今までにない強い腹部等の痛み。

子供がこのような症状を訴えた時には、かかりつけの小児科医にすぐに行きましょう。

強い頭痛と強い吐き気は髄膜炎等の病気が隠れている場合もあります。

また、腹部の病気では腸などの異常が起きていることもあります。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。