子供の病気カテゴリの記事一覧

赤ちゃんから子供までの病気百科

本屋さんに行くと、沢山の育児に関する本が並べられています。

赤ちゃんが生まれる頃には、ぜひ赤ちゃんから子供までの病気百科本を用意しておきましょう。


大人の病気にはない、赤ちゃんがなりやすい病気、子供(幼児、学童児)がなりやすい病気が沢山存在します。

そのため、赤ちゃんから子供までの病気を専門に詳しく載せている百科本があると育児している側にとっても安心するでしょう。


病気百科には、カラーページで症状を述べている物もあります。

赤ちゃんでは、便の色で病気がわかることもあるので、便の色を載せて解説してあるものもあります。


また、集団生活に入る幼児期からは伝染病にかかりやすくなります。

伝染病の中には、発疹が出る物もあり、蕁麻疹やアトピーなどの皮膚病とともに写真で解説している百科本もあります。
続きを読む

子どもの病気

子どもの病気というものは、生まれつき持っている先天性の病気や、成長していく過程で出てくる後天性の病気、また流行している風邪などのものや伝染病など沢山の病気があります。

そして、大人の病気と違い、子どもの病気は病気になっている子ども本人が、どこが痛いのかなどを上手に説明できないところもあるので、普段から世話をしている大人がいつもとどのように子どもの状態が違うのかを見ていかなければなりません。


子どもの年令によってもその対応は変わってきます。

生まれたての赤ちゃん→少ししゃべることができるようになった幼児→集団生活をするようになり、流行の病気をもらう年代→心の悩みも抱える思春期その子どもの年令によって、なりやすい病気というものもあるのです。


子どもの病気は比較的軽い症状からまた実は重大な病気が隠れているという場合もあります。

子どもの元気な状態も普段から把握しておきましょう。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。